今週発売のおすすめゲームタイトル(2019/11/18~2019/11/24) シェンムーIII、DEEMO -Reborn-、ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン など

今週(2019年11月18日~2019年11月24日)発売予定のゲームタイトルを紹介します。

シェンムーIII

参照:シェンムーIII公式

【 機種 】PS4/PC
【メーカー】Deep Silver

【ジャンル】アクションアドベンチャー

【発売日 】PS4:2019年11月19日、PC:2019年11月20日
【税込価格】PS4:7,678円、PC:5,601円

【 備考 】PC版はEpic Gamesストアにて販売

公式サイト

ドリームキャストで人気を博し、昨今のオープンワールドゲームやQTE導入の元祖とも呼ばれるアクションアドベンチャー「シェンムー」シリーズの、実に18年ぶりとなるファン待望の完全新作。

今作も鈴木裕氏が開発を手掛け、父の死をめぐる謎を追う主人公”芭月 涼”の成長を通じて、2の直後、牧歌的な山村”白鹿村”から始まる壮大な物語が展開される。

とはいえ、前作までのストーリーを忘れてしまった方や未プレイの方も多いことだろう。本作には約6分間に渡って、シリーズのあらすじが把握できるダイジェストムービーが収録されているほか、ゲーム内にも回想シーンなどが収録されているので、安心して欲しい。

参照:シェンムーIII公式

最新作でもシェンムーらしさは健在。一人一人の生活感が濃密に描かれた400人を超えるフルボイスのNPCや、コンビネーション豊かな格闘ゲームスタイル風のバトル、シンプルながらも謎の中毒性を持つアーケードゲーム風のアルバイトやミニゲーム、遊技場でのギャンブル、コレクター魂をくすぐるガチャガチャなど、様々な遊び要素が作品内に詰め込まれている。

参照:シェンムーIII公式

また、技書や修行で己を鍛え、有段者を倒して段位をあげていく「道場」、食材一つ一つに独特な説明がなされ、体力回復やお腹を満たすのに欠かせない「食事」、ロールプレイを深める「着せ替え」、時間経過による「天候変化」、4段階の「難易度選択」など、新要素も多数追加。

鈴木氏は「過去作以上にボリュームがある」と語っており、それぞれの要素を噛み締めつつ、ディテールにこだわった世界観に存分に浸れる作品になっていそうだ。

ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン デラックスエディション

参照:ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン公式

【 機種 】PS4/Switch
【メーカー】3goo

【ジャンル】アドベンチャー / シミュレーションRPG / リアルタイムストラテジー

【発売日 】2019年11月21日
【税込価格】5,280円

【 備考 】

公式サイト

Steamでも配信中の、HITMANのデザイナーやPAYDAYの共同制作者も参加した開発チームが贈る『ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン』。

本作は、核戦争や疫病により人類が滅んだ”ポストヒューマン”なミュータントが支配する世界で、XCOMで知られるターン制のタクティクスバトルとステルス要素を組み合わせたSF戦術アドベンチャーが楽しめる。

荒廃した世界に生きるミュータントには、怒りっぽい性格の猪や口の悪いアヒルなど、曲者でケモナー趣向なキャラ付けがされており、社会への皮肉や風刺を含んだ会話劇が挟まれるのも本作の魅力の一つだ。

参照:ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン公式

戦闘難度はシビアめになっており、派手に銃撃戦を展開すると、その銃声で周囲にいる敵に気づかれ、あっという間に包囲されてしまう。敵の配置を確認し、各キャラの固有スキルを駆使しながら、敵に視認されるまではステルスに徹底して1人ずつ削っていくのが基本となる。

参照:ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン公式

銃撃戦では、高低差や武器の種類によってダメージや命中率、クリティカル率が変化するため、位置取りや武器選択も重要なポイント。スキルや武器などをアップグレードさせていく成長要素も駆使し、難所を切り抜けよう。

難易度はノーマル、ハード、ベリーハードの3種類が用意されており、ノーマルが一般的なイージーモードにあたる。ハード以降は、戦闘後に回復する体力が少なくなったり、敵から受けるダメージも高くなったりと、やり応えも抜群だ。

参照:ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン公式

デラックスエディションとなる本作では、初期キャラクターのほか,ムースの「ビッグ・カーン」が使用可能となっており、本編のエンディングに続くストーリーも楽しめるとのこと。

DEEMO -Reborn-

参照:PlaystationStore

【 機種 】PS4
【メーカー】UNTIES

【ジャンル】音楽 / アドベンチャー 

【発売日 】2019年11月21日
【税込価格】4,378円

【 備考 】PSVR対応

公式サイト

台湾のゲーム会社”Rayark”の人気音楽ゲームタイトル「DEEMO」が生まれ変わってPS4に登場。PSVRにも対応した作品。

生まれ変わった本作は、絵本のような世界背景がフル3Dに進化し、従来のリズムゲームパートだけでなく、謎解き&アドベンチャーパートが楽しめるのが特徴。既存のストーリーをベースに、新規エピソードも追加され、VRを通して幻想的なDEEMOの世界観により浸ることができる。

参照:PlaystationStore

リズムゲームパートでは、ボタン操作のほか、PlayStation Move モーションコントローラーを2つ駆使した、臨場感と迫力のある演奏も楽しむことができる。楽曲についても、新曲が半数を占めた60曲以上が収録され、植松伸夫氏が率いるバンド“EARTH BOUND PAPAS”など,多数の著名アーティストが参加している。

参照:PlaystationStore

なお、おなじみの5曲の追加楽曲パックのDLCも12パック分配信予定。12パック分全てをお得に買えるシーズンパスの販売も予定されている。

その他のゲームタイトル

※ 掲載内容は【対象機種】タイトル/メーカー/税込価格です。

2019年11月18日

・【PC】クロワルール・シグマ/Playism/2,000円
公式サイト DL専用

2019年11月21日

・【PS4/Switch】BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE Special Edition/アークシステムワークス/7,480円
公式サイト

・【PS4/Switch】ソニックフォース(新価格版)/セガゲームス/3,289円
公式サイト

・【PS4/Switch】アーケードアーカイブス 海底大戦争/アイレム/838円
DL専用

・【PS4】Layers of Fear 2―恐怖のクルーズ/NAパブリッシング/3,800円
公式サイト DL専用

・【Switch】LEGO ジュラシック・ワールド/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント/4,950円
公式サイト

・【Switch】ボクらの消しゴム落とし+スポーツセット/SAT-BOX/3,135円
公式サイト

・【Switch】ナイツ オブ ペン アンド ペーパー/ワーカービー/1,600円
公式サイト DL専用

・【Switch】ゾンビ パニック イン ワンダーランド DX/アークシステムワークス/1,000円
公式サイト DL専用

・【Steam】BUG FABLES ~ムシたちとえいえんの若木~/DANGEN Entertainment/価格未定
公式サイト DL専用

・【Steam】Automation Empire/DOG HOGGLER/価格未定
公式サイト DL専用

2019年11月22日

・【XOne/Steam】Lost Ember/GameTomo/価格未定
公式サイト DL専用

・【PS4/XOne】シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI/2K Games/6,930円
公式サイト※パッケージ版はPS4版のみ

・【PS4】ムーンライター 店主と勇者の冒険/テヨンジャパン/2,040円
公式サイト DL専用

・【Switch】スプラトゥーン2 イカすデビューセット/任天堂/6,578円
公式サイト