今週発売のおすすめゲームタイトル(2019/10/21~2019/10/27) Call of Duty: Modern Warfare、The Outer Worlds、Dusk Diver 酉閃町、ファタモルガーナの館 など

出典元:MyNintendoStore,PSStore

今週(2019年10月21日~2019年10月27日)発売予定のゲームタイトルを紹介します。

Call of Duty: Modern Warfare

参照:Call of Duty: Modern Warfare公式サイト

【 機種 】PS4、XOne、PC
【メーカー】アクティビジョン

【ジャンル】FPS

【発売日 】2019年10月25日
【税込価格】PS4,PC通常版:8,690円、XOne通常版:8,532円

公式サイト

人気FPSシリーズ「Call of Duty」の最新作。本作は今までのストーリーや世界観とは繋がりがなく、全く新しい「新生モダン・ウォーフェア」となる位置付けの作品です。

ゲーム要素は全て再考され、最新のビジュアル技術を駆使したリアルかつハードな描写に注力、“パフォーマンスキャプチャー”と称する声や顔の演技と身体のモーションキャプチャーを同時に収録する形式が用いられています。最近では「Detroit: Become Human」でも話題になりましたね。

参照:PlayStation Store

物語が再構築されたシングルプレイモードの「キャンペーン」、2対2の緊張感ある接近戦「ガンファイト」や従来のチーム戦など様々な形式が取り入れられた「マルチプレイ」、最大3人でCo-op可能な「Spec-Ops」がプレイでき、プラットフォーム間のクロスプレイにも対応しています。

マルチプレイでは、ナイトビジョンゴーグルを駆使する夜戦モードの登場や、コントローラータイプの違いによるプレイバランスを考慮した「コントロールスキームフィルタ」を採用。PS4・XOneでもキーボードとマウスが使用でき、キーボード・マウスのみ、コントローラーのみのマッチメイキングが可能です。

The Outer Worlds

参照:PlayStation公式サイト

【 機種 】PS4、XOne、PC
【メーカー】Private Division/テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

【ジャンル】オープンワールド・一人称アクションRPG

【発売日 】2019年10月25日
【税込価格】PS4:7,480円、
XOne:7,500円、PC:7,344円、

公式サイト

Falloutシリーズの開発に携わったObsidian Entertainmentが贈る、過酷な未来の銀河を探索しながら、様々な勢力と巡り合うオープンワールドの一人称SFアクションRPG。

壮大な宇宙探索の中で出会う全てのNPCを”生かすも殺すも”あなたしだい。

プレイヤーの選択によって独自の物語が展開されていく自由度の高いストーリーや、様々なパークによって得手不得手を構成されていくスキルシステムが特徴。NPCの中には、コンパニオンとして仲間に加わるキャラクターも多数存在します。

参照:TheOuterWorlds公式サイト

なお、PC版はEpic GamesストアやMicrosoftストアで配信され、Steam版については1年遅れの2020年10月25日にリリース予定です。

Dusk Diver 酉閃町

参照:MyNintendoStore

【 機種 】PS4、Switch
【メーカー】JUSTDAN INTERNATIONAL

【ジャンル】絆と連撃のACT

【発売日 】2019年10月24日
【税込価格】5,280円

公式サイト

台湾に実在する若者文化の発祥スポット「西門町」と裏の西門町である「酉閃町」を舞台とする、台湾のJFi Gamesが手掛けた「Unreal Engine」を使用したアニメ調の美麗なグラフィックが特徴的な『』と『連撃』をテーマとした3Dアクションゲームです。

本作は探索パート戦闘パートに分かれており、探索パートではメインストーリーや仲間とのイベントが進行、アイテムの購入やクエストの受注も行えます。戦闘パートではギミックを解きながら厄禍とのアクションバトルを行います。3つのボタンで簡単に爽快なコンボを繰り出す事ができ、ゲージを消費する事により必殺技を放ったり変身する事も可能で、「守り神」の絆レベルを上げていくとさらに強力な攻撃も出来るようになります。

ローカライズも丁寧で、佐藤利奈さんや竹内良太さんなど、日本の有名声優陣によって日本語吹き替えがされています。

 

ファタモルガーナの館

参照:ファタモルガーナの館公式サイト

【 機種 】PS4
【メーカー】dramatic create(原作・制作協力:Novectacle)

【ジャンル】ビジュアルノベル

【発売日 】2019年10月24日
【税込価格】パッケージ版:7,590円、DL版:7,040円

公式サイト

Novectacleが開発した、ビジュアルノベルで描かれる西洋浪漫サスペンスホラー。「魔女が住む」と噂される中世の西洋建築の館を中心とした、想像を絶する物語が描かれた本作は、完成度の高いシナリオ構成と惹きつけるテキスト・ビジュアルが人気を博し、様々なプラットフォームでリリースされた作品です。

PS4版では、本編「ファタモルガーナの館」に加えて、他機種で追加コンテンツとして展開された外伝編と現代編を収録したコンプリート版になります。そのほか、新たな要素として過去にWEBや誌面で掲載されたショートストーリーも収録し、作中の背景や一部のスチルが高画質に対応しています。

参照:ファタモルガーナの館公式サイト

「サスペンスホラー」と称されてますが、どちらかというとサスペンス色の方が強く、飛び上がるような恐怖系の演出はないため、ホラーが苦手な方でも物語にどっぷり入り込める作品です。

その館に住む者は、必ず不幸になる

Bloodstained: Ritual of the Night

出典:株式会社ArtPlay

【 機種 】PS4・Switch
【メーカー】Game Source Entertainment

【ジャンル】探索型アクションRPG

【発売日 】2019年10月24日
【税込価格】6,028円

【 備考 】パッケージ販売。DL版リリースについては詳細不明
公式サイト

「キャッスルヴァニア」シリーズでおなじみのIGA氏が率いる、株式会社ArtPlayの新作となる探索型アクションRPG。既にSteamや海外CS向けに発売され、圧倒的に好評な評価を得ており、日本国内でもいよいよパッケージ版が発売されます。

本作の紹介については、下記レビュー記事(ネタバレ無し)を投稿しておりますのでそちらをご覧ください。

【レビュー】「Bloodstained: Ritual of the Night」 メトロイドヴァニアの巨匠が贈る”悪魔”的な中毒性を秘めた完全新作

なお、国内のダウンロード販売については執筆時点で公式的な言及がされていないため、続報をお待ち下さい。

その他のゲームタイトル

※ 掲載内容は【対象機種】タイトル/メーカー/税込価格です。

2019年10月22日

・【PS4】WWE 2K20(英語版)/テイクツー・インタラクティブ・ジャパン/7,260円
公式サイト※パッケージ版はデラックス・エディションのみ

・【XOne】WWE 2K20(英語版)/2K/7,300円
公式サイト DL専用

・【Steam】WWE 2K20(英語版)/2K/6,810円
公式サイト DL専用

2019年10月23日

・【Steam】Lonely Mountains: Downhill/THUNDERFUL PUBLISHING/価格未定
公式サイト DL専用

2019年10月24日

・【PS4/PSV】アエリアル・ライフ/エンターグラム/2,500円(DL版:1,980円)
公式サイト※PSVita版はDL販売のみ

・【PS4/Switch】Trüberbrook/Beep/4,000円(DL版:3,500円)
公式サイト

・【Switch】きみのまち ポルティア/Team17/4,378円
公式サイト※パッケージ版が発売、DL版は発売済み

・【Switch】GIGA WRECKER ALT./レイニーフロッグ/3,850円
公式サイト※DL版はSwitch版:10月31日、PS4版:10月29日、XOne版:10月31日に配信予定

・【Switch】Splash Blast Panic/Beep/1,740円
公式サイト DL専用

・【Switch】死んじゃった!けど、ネクロマンサーに復活してもらった!/BolHut/930円
公式サイト DL専用

・【Switch】Dark Devotion/The Arcade Crew/2,200円
公式サイト DL専用

・【Switch】Ghost Blade HD/eastasiasoft/1,500円
公式サイト DL専用

・【XOne】Cat Quest II/1,500円
公式サイト DL専用