『あつまれ どうぶつの森』無料アップデートが4月23日配信決定。低木の苗や美術品が購入できる行商や新たな季節イベントを追加

出典元:任天堂

任天堂は4月21日、『あつまれ どうぶつの森』の無料アップデートを4月23日(木)10時より配信を開始すると発表した。更新データ(Ver.1.2.0)にて、新しい訪問者や新たな季節イベントなどが追加される。

参照:任天堂

新しい訪問者となるのは、過去作にも登場したナマケモノのレイジとキツネのつねきち。

レイジは、行商として島の広場に「園芸店」を開くようで、新たなアイテムとなるツツジやアジサイ、キンモクセイなどの低木の苗を購入することができる。また、タヌキ商店では手に入りにくい花の種も購入可能。低木は季節によって花を咲かせる背の低い木。種類も複数あり、島の景観にあった低木を植えることで、季節の移り変わりが楽しめるようだ。

参照:任天堂

一方のつねきちは、島の浜辺にあやしげな船でやって来る。船の中では、絵画や彫刻などの美術品が購入できる「いなりマーケット」が開かれているようだ。ただし、マーケットで売られている美術品にはニセモノも存在するようで、ホンモノを見極める必要があるという。また、マーケットには家具も並べられており、少々割高なもののタヌキ商店とは異なる色の家具が入手できる。

参照:任天堂

美術品の追加に伴い、博物館に展示スペースが追加される。博物館のフータにホンモノの美術品を寄贈することで、さまざまな美術品を鑑賞することが可能になる。公開された映像内では、前作にも登場した「あらぶるめいが」や「たくましいちょうこく」らしき美術品が確認できる。

参照:任天堂

新たな季節イベントとしては、「アースデー」「メーデー」「国際ミュージアムデー」「ジューンブライド」が追加される。

アースデーでは、たぬきマイルが入手できる「たぬきマイレージ+」が期間限定でキャンペーン仕様に。コスモスの種を植えるなど、植物に関する活動を行うことでマイルがたまっていくようだ。開催期間は4月23日から5月4日まで。

メーデーでは、開催期間中にたぬきちから「メーデーりょこうけん」が贈られる。このアイテムで訪れることのできる島は、「マイルりょこうけん」で訪れることのできる島とは一味違うようだ。島の様子が映し出された映像内では、みしらぬネコの姿も確認できる。開催期間は5月1日から5月7日まで。

参照:任天堂

国際ミュージアムデーでは、博物館でスタンプラリーが開催される。博物館の展示スペースを回ってスタンプを集めていくと、記念の景品アイテムが入手できるようだ。開催期間は5月18日から5月31日まで。

ジューンブライドでは、パニエルの撮影スタジオにアルパカ夫婦のリサとカイゾーが登場。撮影スタジオで二人の結婚記念写真を撮るお手伝いをすることで、ウエディングをテーマとしたアイテムが貰えるようだ。開催期間は6月1日から6月30日まで。

参照:任天堂

そのほか、「タヌポート」のマイル交換で入手できる景品ラインナップに、しずえやまめきち・つぶきちが着ているアロハシャツが追加される。このように、毎日の島生活を彩る新要素や季節イベントが多数追加されるようだ。アップデートに備えて、島の景観を計画しておこう。

ちなみに、4月22日から5月6日までの期間限定で、マイニンテンドーギフトの「Nintendo Switch Online 7日間無料体験チケット」が0ポイントで交換できるお得なキャンペーンが実施される。過去に無料体験している場合でも、再度無料体験が可能とのこと。

Nintendo Switchの『あつまれ どうぶつの森』無料アップデートは、4月23日(木)10時より配信開始。