『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』スターターガイドを公開。各キャラクターの特徴や動かし方を分かりやすく動画で解説

出典元:アークシステムワークス

アークシステムワークスが、2020年秋以降にPS4で発売を予定している『GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)』。4月17日~4月19日の期間に実施されているクローズドβテストに併せ、使用キャラクター7名の特徴や動かし方を解説するスターターガイド動画が公開された。

『GUILTY GEAR -STRIVE-』とは

2.5Dに進化を遂げた現行シリーズの第4作目。「ギルティギアの当たり前を見直す」をコンセプトとして、Unreal Engine 4で描かれる美麗なアートデザインはそのままに、システムやゲームバランスが再構築されている。シリーズの積み重ねによって高くなった敷居をリセットし、多くのプレイヤーが楽しめる作品を目指す。

出典元:アークシステムワークス

具体的には、弱攻撃から強攻撃へのルートが制限され、シンプルな構成のコンボが実用的に。ガードシステムにも手が加えられ、地上攻撃を空中ガード可能とし、空中受け身を廃止。地上受け身も自動で取るように。また、画面端で大ダメージの連続技を決めるとステージが移行するようになっている。これらの変更によって、過去作の特徴でもあった空中でお手玉をするような連続技や、画面端の苛烈な起き攻めが発生しにくくなっている。

そのほか、横方向に吹き飛ばす攻撃を増加させることによって複雑な起き攻めを減少させたり、投げの空振りモーションを追加することでリスクを増加させたりと、常識化していたさまざまなシステムが一新され、プレイヤーの間口が広げられている

出典元:アークシステムワークス

シリーズを代表するシステムである「ロマンキャンセル」は健在。性能自体はテンションゲージを50%消費して相手の動きを遅くさせる(バレットタイム)というものに変化しているものの、時には追撃のチャンスを作り、時にはピンチから脱出するという使用用途は変わりないようだ。その他の要素を含めたシステム理解を深めることで、健在する奥深さが味わえるものになっているだろう。

各キャラの特徴や動かし方を解説するスターターガイド

クローズドβテストでは、ソル、カイ、メイ、アクセル、チップ、ポチョムキン、ファウストの計7キャラが使用可能となっている。

ソル=バッドガイ

出典元:アークシステムワークス

ソルは、近距離戦を得意とするキャラクター。突進技の横押しでガンガン攻め立て、中距離は前方に火柱を放つ「ガンフレイム」でけん制。無敵時間を持つ対空技「ヴォルカニックヴァイパー」は、攻撃をガードされたときにも強気に押し付けるといいだろう。相手の動きが止まったら投げで崩していく。必殺技を順番に出していくだけで、相手にプレッシャーをかけることができる。

カイ=キスク

出典元:アークシステムワークス

カイは、飛び道具や対空技が揃ったオールラウンダーで、初心者にもオススメされているキャラクター。特定の技が相手に触れると相手が帯電状態になり、必殺技の性能が強化される。近距離では隙の少ない打撃技「ダイアエクラ」、遠距離では直進する多段の飛び道具「スタンエッジ」を繰り出し、帯電状態を狙っていく。帯電状態となった敵には、「フードゥルアルク」などで積極的に攻めていこう。帯電状態を嫌がる相手には、空中投げや対空技で迎撃してダメージを奪おう。

メイ

出典元:アークシステムワークス

メイは、シンプルかつ強力な突進技を持つパワーファイター。判定の強いS攻撃を振りつつ、イルカさんに掴まって突進する「イルカさん・横」、大きく跳ねる「イルカさん・縦」を攻めの起点として、近距離戦に持ち込もう。近距離戦ではダストアタックや「→ + K」でガードを揺さぶり、通常投げより威力が高く、相殺を受けない「オーバーヘッドキッス」も積極的に狙っていきたい。

アクセル=ロウ

出典元:アークシステムワークス

アクセルは、遠距離戦を非常に得意とするキャラクター。リーチの長い立ちPや、鎖鎌を伸ばす「鎌閃撃」で相手をけん制していく。対空にはしゃがみS攻撃や「→ + P」が有効だ。距離をとる場合は後方に跳び上がる「潦」、広範囲をけん制したい場合は半円を描くように攻撃する「蝸牛」を使用。ガードが多くなった相手には、発生こそ遅いが、引き戻した鎌で相手を捉える投げ技「冬蟷螂」を狙っていこう。

チップ=ザナフ

出典元:アークシステムワークス

チップは本作屈指のスピードを持つ、速度と選択肢の多さが魅力のキャラクター。高性能な機動力を活かして先手を取り、姿を消して突進する「αブレード・横」での裏回りや、下段の「麓砕」と中段の「穿踵」で相手を揺さぶろう。ガードを固める相手にはコマンド投げ「幻朧斬」を決めるチャンスとなる。けん制技からの「γブレード」も、相手を画面端に追い込めるので狙っていこう。

ポチョムキン

出典元:アークシステムワークス

ポチョムキンは、コマンド投げを主体に相手を崩すキャラクター。立ちHS攻撃や足払いでけん制しつつ、突進技の「ハンマーフォール」や相手のけん制を跳び越える「メガフィスト・前方」で距離を詰める。近寄ったら、打撃と発生の早い「ポチョムキンバスター」をはじめとするコマンド投げとの選択肢を迫っていこう。空中の相手には「ヒートナックル」が有効だ。

ファウスト

出典元:アークシステムワークス

ファウストは、一癖も二癖もあるトリッキーなキャラクター。遠距離立ちS攻撃やしゃがみHS攻撃から「何が出るかな」でアイテムを放り投げよう。ただし、アイテムは強力な効果を持つものもあれば、自分の不利に働く場合もあるため、柔軟な戦法の切替が必要。自由に移動できる突進技「捏和混練」や、姿を消して奇襲を仕掛ける「久延畏古」によるアイテムとの波状攻撃が強力だ。アイテム投げを阻止してくる相手には、リーチの長い「突きます」でけん制しよう。ジャンプDや爆弾を投げる「愛」も相手の接近を防ぐのに有効だ。


明日4月19日まで開催しているクローズドβテスト。今後はテスト結果をもとにバランスが調整され、今回登場していないミリア=レイジやザトー=ONEを追加。さらに、新たなキャラクターも発表されていくことだろう。続報にも注目していきたい。