2019年10月発売のおすすめゲームタイトル・番外編 (まもって騎士、トライン4、A Hat in Time、GIGA WRECKER、Lonely Mountains: Downhill)

参照:MyNintendoStore,Steamストア

今回は2019年10月に発売されたゲームについて、紹介しきれなかった5タイトルをピックアップして掲載します。

その他のタイトルについては、下記隔週ごとの記事もご覧下さい。

すすめ!! まもって騎士 姫の突撃セレナーデ

参照:MyNintendoStore

【 機種 】Switch
【メーカー】エインシャント

【ジャンル】アクション/タワーディフェンス

【発売日 】2019年10月10日
【税込価格】1,980円

【 備考 】ダウンロード専用ソフト

公式サイト

ファミコンの表現を彷彿とさせる、8ビットのレトロなグラフィックやサウンドが特徴の爽快タワーディフェンス型アクションゲーム

操作するキャラクターは、ぽっちゃり娘のアマゾンやふんどし一丁のニンジャなど、見た目もスキルも異なる8人から選択可能。登場する敵の種類も大幅に増え、ステージ数も100以上となり、ボリュームも満点です。

参照:MyNintendoStore

基本ルールは、ワラワラとせまりくる敵を倒し、お城にいるローラ姫を守ること。

ローラ姫を乗せたお城は、線路に沿って自動で進んでいく。線路の終点で待ち受けている敵の群れから姫を守りつつ、敵城を見事破壊できればステージクリアとなります。

参照:MyNintendoStore

各ステージは4つのマップで区切られており、マップ間のインターバルでは、敵から入手したお金でステータスを強化する事ができます。

オンライン、オフラインともに最大4人までの協力プレイも可能。スキルやステータスによって上手く役割分担し、様々な難所をくぐり抜けていこう。

参照:MyNintendoStore

トライン4:ザ・ナイトメア プリンス

参照:MyNintendoStore

【 機種 】PS4,Switch
【メーカー】3goo

【ジャンル】アクション/パズル/ADV

【発売日 】2019年10月10日
【税込価格】パッケージ版:3,740円、ダウンロード版:2,640円

【 備考 】

公式サイト

フィンランドの開発会社「Frozenbyte」が手掛ける、美麗に描かれたハイファンタジーな世界でパズル重視の横スクロールアクションが楽しめる「トライン」シリーズの最新作。

魔法を駆使して木箱を出したり物を動かせるおじいさん、床を壊したり光を反射させたり騎士装備で戦闘に長けたおじさん、ワイヤーをよじ登ったり炎や氷の矢を撃てるおねえさん、それぞれ特殊な能力を持った3人の英雄を戦略的に切り替え、道中のギミックを解きながら、行方不明となった王子を救出するのが目的です。

参照:MyNintendoStore

謎解きのアクセントとなる戦闘では、経験値を元に新たな能力を習得させる事も可能。また、ステージ中には様々な難度の高い隠しエリアも存在し、攻略することでコレクション要素となる宝や手紙もゲットできます。

参照:MyNintendoStore

最大4人までのオンライン・オフライン協力プレイにも対応しており、パーティーゲームとしても楽しめそうですね。

参照:MyNintendoStore

A Hat in Time

参照:MyNintendoStore

【 機種 】Switch
【メーカー】Humble Bundle

【ジャンル】アクション/ADV

【発売日 】2019年10月18日
【税込価格】2,980円

【 備考 】ダウンロード専用ソフト。

公式サイト

デンマークのインディースタジオGears for Breakfastが開発した、「スーパーマリオ64」や「バンジョーとカズーイの大冒険」といった90年代のアクションゲームの影響を強く受けた、アスレチック要素の強い箱庭探索型の3Dアクションゲーム

シルクハットを被った女の子”Hat Kid”となり、マフィアがいる南の島や、映画の撮影スタジオなど、様々なロケーションの惑星を飛び回り、故郷に帰るための宇宙船の燃料となる「タイムピース」を探していこう。

参照:MyNintendoStore

二段ジャンプやホーミングアタック、壁キックといった、女の子が持つ傘を用いた軽快なアクションが特徴。

ステージに散らばった「毛糸」を集めれば、見た目もガラっと変わる、不思議な力を持った新たな「帽子」が作成でき、素早く走れるようになったり、薬品入りのフラスコを投げられるようになったりと、ユニークなアビリティが使用可能になります。

また、お金を貯めれば、冒険の手助けとなるパッシブスキルを得られる「バッジ」も入手できます。

参照:MyNintendoStore

可愛らしくカラフルでポップな世界観とは裏腹に、ちょっと毒づいたテキストや、物騒な事件が起こるギャップも魅力の作品です。

参照:MyNintendoStore

 

GIGA WRECKER ALT

【 機種 】PS4/XOne/Switch
【メーカー】Rainy Frog/Rising Star Games

【ジャンル】アクション/ADV

【発売日 】PS4:2019年10月29日、XOne,Switch:2019年10月31日

【税込価格】パッケージ版:3,850円、ダウンロード版:2,980円

【 備考 】パッケージ版はSwitchのみ2019年10月24日から販売。

公式サイト

ゲームフリークが開発し、2017年2月にSteamで発売されたオリジナル版を元に、CS版ならではの新要素やバランス調整を施したメトロイドヴァニア探索アクションの決定版。

ナノマシンを操る能力を手に入れた少女「レイカ」が探索するのは、2035年の近未来、凶悪なロボット軍団「アジート」によって荒廃してしまった世界。

ロボットや周囲の障害物を壊すことで散らばる残骸”ガレキ”を集めて武器を作り出す能力「アルケー」を駆使したアクション要素と、物理演算を利用した様々な解き方のあるギミック豊富なパズル要素が特徴です。

決定版となるCS版には、キャンペーンモードに20のパズルエリアを追加したり、パズルの手助けしてくれる新キャラクターや、難易度がアップしたハードモードも実装されています。

Lonely Mountains: Downhill

【 機種 】Steam
【メーカー】Thunderful Publishing

【ジャンル】レースゲーム

【発売日 】2019年10月23日

【税込価格】1,980円

【 備考 】

公式サイト

俯瞰視点が採用された、マウンテンバイクで山を駆け下りる、クラッシュ上等なタイムアタックレースゲーム

岩の隙間をジャンプしたり、川や池を飛び越えたりと、ショートカットを見出してタイムを短縮していくのが醍醐味で、オンラインランキングにも対応。

参照:Steamストア

愛車となるマウンテンバイクは、独自の物理エンジンによるリアルな挙動が再現されており、難易度は割と高めでクラッシュしてしまうこともしばしば。ですが、直前のチェックポイントからすぐに再開できる親切設計になっています。

ゲームを進めていくと、スピード性能が高いもの、ジャンプ性能が高いものなど、自分に合った性能の自転車に乗り換えることもできます。ライダーの見た目のカスタマイズも可能です。

参照:Steamストア

なお、任天堂が5月に放送したインディー特集番組でも開発中タイトルとして取り上げられており、Switch版の日本発売が決定しています。