ゲームの”パッケージ版”と”ダウンロード版” それぞれのメリットや売上比率について

皆さん、ゲームはどのような方法で購入していますか?

ゲームの購入方法は大きく分けて、各小売店に行って直接購入する「パッケージ版」と、各プラットフォームごとのオンラインストアで購入する「ダウンロード版」の2種類があります。

今回はそれぞれのゲームの購入方法ごとにどのようなメリットがあるのか、取り上げてみたいと思います。

パッケージ版のメリット

参照:ゼルダの伝説 夢をみる島公式サイト

【パッケージ版のメリット】

・実際に手にとる事のできる物理性

・中古売買ができる

・ゲーム以外のグッズ特典が貰える

・ストレージ容量に優しい

まずは、昔ながらの購入方法であるパッケージ版。
待ち遠しかった発売日に直接お店に買いに行く時には、いつまで経ってもワクワクするものです。個人的に、形あるパッケージ版の方が「ゲームを買った」という所有欲を満たせるように思います。

中古売買できるのも大きなメリットの一つですね。遊ばなくなったソフトを売却して、気になっていたソフトが購入できるのはお財布事情にも優しいです。

たまに中古売買について、新品が正義、中古品は悪みたいな捉え方をする方もいるのですが、それは違います。現状、日本にある小売店全体の売上比率のうち、中古ソフトは約4割ほどを占め、その利益によって新品ソフトが仕入れられています。中古市場がなくなってしまうと、利益分の新品ソフトの仕入本数が減ってしまい、結果として、卸元であるソフトメーカーの売上に大きく響くことになります。出荷する本数が減ってくると、ソフトメーカーとしては新品ソフトの単価も上げざるを得ない状況になってしまいます。

また、新品のみの市場になると、お子さんがお小遣いを貯めてソフトを購入する機会も減っていく事でしょう。

このように、中古ソフトの購入も新品購入と同じくゲーム業界に貢献しているという事は頭に入れておきたいものです。
(参考記事:もう「中古ショップ」なしに国内ゲーム産業は成り立たない!? 現役ゲオ社員にゲームショップ事情を直撃したら生々しいリアルな裏話が…Switch品薄の舞台裏ドタバタ劇も『電ファミニコゲーマー』)

 

その他、ゲーム以外にも店舗特典やパッケージ版の特典として関連グッズが付いてきたり、ストレージ容量に優しいのも魅力です。

ダウンロード版のメリット

参照:PlayStation Store

【ダウンロード版のメリット】

・ソフトごとの入換が不要

・事前にダウンロードでき、先行プレイができる

・いつでも思い立った時に購入が可能

・収納スペースの心配いらず

それぞれのプラットフォームでアカウント管理機能が年々進化し、PC市場だけでなく、コンシューマー市場でも愛用するユーザーが増えたダウンロード版。
最近では、ダウンロード専用タイトルのリリース数も顕著に増えてきましたね。

ソフトごとのディスクやカートリッジの入換が不要、これがユーザーにとっての最大のメリットでしょうか。
利用した事のない方にはちょっとした事のように思えますが、実際には思った以上に快適で、これに慣れてしまうとパッケージ版ソフトの起動率が目に見えて減ります‥

最近では、事前ダウンロードに対応し、発売日の0時にプレイできるタイトルも増えてきました。パッケージ版でもインストール時間が結構長いものもありますし、時間差は少しのように思えますが、いち早く遊びたい!というユーザーには大きなメリットといえるでしょう。

参照:PlayStation Store

また、ダウンロード版は思い立った時にオンラインストアで購入する事ができ、人気ソフトの在庫探しの旅に出る心配もありません。各ストレージは、内蔵、外付けのハードディスクやSDカードを使用するので、収納スペースの心配がないのも魅力の一つです。

それぞれの購入方法の割合について

世間的に、それぞれの方法がどれぐらいの割合で利用されているのか気になるところ。

調べてみた結果、現在の日本では、全体売上のうち、パッケージ版の売上が約80%を占めているとの事です。プラットフォームごとにも差があり、最新機種に焦点を当てると、プレイステーション4の場合は約25%、ニンテンドースイッチの場合は約15%の売上をダウンロード版が占めています。
(参考記事:2019年ダウンロード売上『ゲーム売上定点観測』)

少し視野を広げて、海外に注目した場合、約8割のユーザーがダウンロード版を購入しています。この日本との大きな差異の背景には、国土が広く店舗に赴くのが億劫である事や、店舗数の減少、ダウンロード版の割引価格の違い(海外は日本よりも大幅に割引されている事が多い)が挙げられます。

海外のみならず、日本でも年々少しずつですが、ダウンロード版の割合が増えているようです。インターネット回線の高速化や、各プリペイドカードの普及、アカウント管理機能の進化が後押しになった要因でしょう。

参照:任天堂公式サイトPlayStation Store公式サイト

また、以前からPC(Steam)の大幅な割引セールは有名でしたが、最近ではコンシューマー機でも定期的にお得なセールが開催されるようになったのも、利用者が増えた要因の一つとして考えられます。

Q.結局どちらで買ったほうがいいの?

A.好みで選びましょう。

「パッケージ版」も「ダウンロード版」もそれぞれの購入方法にメリットがあり、プレイスタイルや好みに応じて選んでいいと思います。

アドベンチャーなどの短期的に遊ぶソフトはパッケージ版、オンライン対戦が楽しめるものなどの長期的に遊ぶソフトはダウンロード版と使い分けてみるのもいいですね。

 

今後も徐々にダウンロード版の比率は上がり、パッケージ版で購入する割合は下がっていくと予想されますが、ゲーム売場が年々減っていくのは長年のゲーマーとしては寂しいものです‥。

最後にあえて声をあげていいたい、「もっとゲーム屋でゲームを買おう」と。